09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダの感覚 vol.2

こんにちは

前回に引き続き、「カラダの感覚」について書かせて頂きます。

あくまでも、私の集めた情報と感覚、経験をもとに公表して

いるものですので、その点はご理解、ご了承の上、閲覧下さい。


さて、「どうすればカラダの歪に気づき、最小限にとどめるか?」

ですが、多くの人が(以前の私も含めて)自身のカラダの歪みに

気づかず、日々過ごしていると思います。

まっすぐ立っているつもりなのに、捻れていたり、傾いていたりと

カラダと脳にズレが生じている

ということです。

これを解決するには、カラダの内部へ意識を

向ける時間を少しでも取ることから始めましょう。

その第一段階として、「脱力」です。

感覚的にはなりますが、脱力をすることで、

カラダの固まっている所、捻れ、傾き

などが感じられ、カラダの内部の歪みに気づき始めます。

ここに、深い呼吸(腹式、胸式など)も同時に行うと効果的です。

自分自身の内部を意識するには、

外から入ってくるものを受け入れる

気持ちをもち、脱力(アウターマッスルの力を抜く)

するとよいです。

「受け入れる」という気持ちがなければ、

どうしても敵対して、力みが出やすくなります。

ですので、まず気持ちを落ち着かせ、受け入れる気持ち

を持つとよいですね。

私も滑る時、雪と調和するために、

周りの環境を受け入れて滑るようにしています。

まず自然には勝てませんからね。


「脱力」ができたら次は調整です。

歪みを調整し、ある程度のレベルまで自ら治します。

時間をかけて歪めたカラダを調整するには、その分

時間はかかりますが、確実に良くなるので、試してみましょう。



次回へつづく
スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

zicomax

Author:zicomax
SNOWBOARDER
飯嶋 耕二郎
(いいじま こうじろう)

PSA-ASIA公認プロ 
www.psa-asia.com

08-09年
SAJナショナルチーム所属 (SBX)

スポンサーさん
OXESS
SNO-MAN HYPER GEARS
ARK
Kashiwax
bern
SMILE PLAN
   やまもと歯科クリニック
カーリンクス
滑撮屋

所属
PLUS.S


プライベートキャンプ開催中!
ご希望の方は下記カテゴリの
「プライベートキャンプ案内」をご覧下さい。

 
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

カウンター

 

Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。